人機授業のご紹介

アン・ヴォイス・カンパニーは、1967年創設にされたアン・ミュージック・スクールのヴォーカル科から発展した学校です。
その為、40年以上の歴史を持つ老舗の音楽学校であり「確実に成長できるシステム」と「実績ある質の高い講師陣」が特徴です。

ヴォイストレーニング

・少人数制クラスを徹底し、生徒一人ひとりの成長ステップを作成して指導。
・腹式呼吸の方法を教えるだけでなく、身体への馴染ませ方まで丁寧に解説。
・自分に合った声質の探し方から、その声質の魅力を引き出す方法を伝授。
・ミックスボイスを習得してもらい、楽曲にあった様々な声質が出せる力をつける。

一般的な成長ステップ 作成イメージ
1年目 基礎作り

A:正しい発声法の理解。発声法の定着。

B:声量を増やし、音域を広げる。
声のチェンジをスムーズにさせる。

2年目 技術の実践

C:ミックスボイスチャレンジ

D:表情付けの技術を習得。

3年目 プロフェッショナル

E:ミックスボイスの定着。様々なジャンルにおける歌唱法(応用技術)の理解。

F:ミックスボイスの表情付け。応用技術の習得。


(※)ヴォイストレーニングにおける表情付けとは?

これは、自分が出しやすい声質だけでなく「状況に応じた声質の変化」を習得する事です。
(弦楽器に例えれば、状況によってエレキギターからアコースティックギターに持ち替えて演奏する様なイメージです。同じ弦楽器でも音の表情が変わります。)

VT講師 笠木新一が語るアンのヴォイストレーニング
◎まず、アンならではのポイントを教えて下さい。
ポイントは、2つあります。
1.VT独自の筋トレがあること
どこの学校でも出来る筋トレではありません。インナーマッスルを鍛えながら「どの筋肉をどのようにつかえばいいのか」を徹底して教え込んで、正しい発声法の定着が早まります。

生徒さんが落ち入りがちな点として「発声法が出来た=定着した」と勘違いすることです。
筋肉の使い方は、反復することで徐々に覚えて行くものです。そして、身体に馴染ませることが出来れば忘れることがありません。この身体に馴染ませる期間は、最短でも3ヶ月は必要だと考えておいて下さい。

2.少人数制のレッスンであること
少人数制のクラスを徹底することで、グループレッスンながらも、一人ひとりに適したカリキュラムを作成した様な授業を提供しています。同じ苦労を共に乗り越える仲間がいる環境で、個人カリキュラムに近いトレーニングも受けられる貴重なレッスンだと思います。
受講される方にとっては、グループレッスンである為にコストパフォーマンスが優れているところも非常にメリットがあると思います。
◎生徒さんにアピールはありますか
歌うことは、適切な練習法と指導を受けることで確実に上手くなります。習得が困難とされるミックスボイスでさえ、段階を踏んで成長していけば必ずマスター出来ます。 また、私の持論として「ひとつの喉で色々なジャンルの声をだせる」があります。 これは、歌唱技術を高めることによって楽曲に対応した声を使い分けることができるようになるからです。例えをあげると、ピアノがピアノだけで様々なジャンルを演奏出来ますよね。それと同じで、ヴォーカルも様々なジャンルに対応して「自由に歌い方を変える」ことが可能なんです。
◎最後に、アンの魅力を一言でお願いします!
アンは、講師陣とスタッフが一丸となって生徒を育成しているので本当に上達が早いです。 「楽しく確実に上達したい」という方は、是非ご来校ください!
ヴォイストレーニング講師 笠木新一

東京芸術大学卒業後、役者として劇団四季へ。歌・芝居の発声を実践的に修行し、そこで培ったノウハウを後進の指導に生かす為にヴォイストレーナーとなる。現在はANを中心にヴォーカリストの育成に情熱を注いでいる。“モーニング娘。”等のヴォーカル指導でも話題となり、その熱血ぶりと指導の高さには定評がある。




2012 © ボーカル専門の学校 ボイス・カンパニー All Rights Reserved.