平田 志穂子(ヒラタ シホコ)

大学3年からSoul系カバーバンドのヴォーカリストとして音楽活動をスタート。その後バンド活動と並行し、聖歌隊やゴスペルクワイヤなどでも活動。 その後、「歌うことを仕事にしたい!」と真剣に考え、大学卒業後すぐにヴォーカリストとしての基礎を学ぶため、アンに入学し、ヴォーカル実技を羽岡仁、山下美音子の両氏に、ヴォイストレーニングを笠木新一氏に師事。 AN在学中から、“STUDIO APARTMENT”の2ndアルバム「WORLD LINE」に歌と作詞で参加。卒業後には、2006年11月から日本を代表するR&Bシンガー“上田正樹”氏のライブサポートメンバーとしてコーラス参加。 そして2008年ゲームソフト「ペルソナ4」のサントラへのレコーディングに参加。 また他にも、レコーディング、コーラスなど、幅広く活動を行っている。

・ANに入った動機・通った感想
本格的に、歌の技術が学びたいと思い入学しました。素晴らしい先生に恵まれて沢山のアドバイスをいただきましたが、やはり、掴みとろうとする情熱と試行錯誤が一番大切であると思いました。ANの先生や、生徒さんから刺激をもらい、楽しく充実した時間を過ごさせていただきました。